イッチン草文の表札
作品紹介 作家紹介 イベント案内 会社概要 お問い合わせ

Archive for category 白石 久美

イッチン草文の表札

Posted by on 水曜日, 3 9月, 2014

大西陶芸では表札のオーダーもお請けしております。

新緑が眩しい季節に一件のご依頼がありまして、

念入りに打ち合わせを重ね、

お客様ご希望のデザインと字体で、

素敵な表札が出来上がりました。

DSC03086

黒イッチンの草文デザインと、

字体の雰囲気がすごく合ってますね。

そして!

玄関先に飾り付けられたお写真がこちら♪

水田さま表札

おうちの顔になる表札。

素敵に飾っていただけて嬉しい限りです。

水田さま。

お写真送っていただいてありがとうございました。

また、現在次の表札オーダーに取り掛かっております。

気に入っていただけるよう、

心を込めて制作・絵付けいたします。

ホームページやBlogで気になる作品などございましたら、

お気軽にお問い合わせくださいね。

 

お盆休みについて

Posted by on 金曜日, 8 8月, 2014

今年もお盆のシーズンがやって参りました。

当工房では8月10日~17日までお休みとさせていただきます。

なお、ギャラリーのほうは基本的に

9時から17時までOPENしております。

ただ、不定期でCLOSEすることもございますので、

お越しいただける際にはお電話いただいてからが安心です。

お里帰りの方、ご旅行の方。

ちょこっと立ち寄っていただければ嬉しく思います。

TEL  089-962-2456

なお、オンラインショップやメールでのお問い合わせにつきまして、

お返事は18日以降となります。

ご不便・ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

暑さ厳しき折、みなさまどうぞご自愛くださいませ。

婦人画報 2014.9月号

Posted by on 金曜日, 1 8月, 2014

 

先程届いたばかりの『婦人画報』

今月号は「贅沢列車の旅へ!」と題し、

全国の各地の豪華列車を特集されています。

 

DSC03092

先日blogにupしたばかりですが、

「伊予灘ものがたり」も愛媛から紹介されています。

これでまた愛媛にもたくさんの方に

観光においでてもらえればいいなと思っています。

DSC03093

私が絵付けしたイッチン草文小鉢5個が

松花堂弁当内のしきりを兼ねた器となっています。

このような角ばった形状の器は石膏型を使用しての制作になりますが

角がある為、乾燥途中にその部分にヒビがはいり

鋳込制作に携わった弟も苦労したようでした。

さて、この松花堂弁当を担当されているのは、

地元松山で老舗のフランス料理店で超有名な「レストラン門田」さん。

実は近藤料理長。

2004年にドイツで開催されたフランス料理の世界オリンピックに

若くして愛媛代表で出場された実力の持ち主です。

地元愛媛の食材に拘った美味しい食事を堪能しながら

車窓からの素晴らしい景色を眺めつつ

ゆっくりとした列車の旅を楽しむことができます。

DSC03095-2

それからここからは余談です。

私、少し前に熊本の『おれんじ食堂』に乗ってきたんです。

かなりチケット入手が難しい大人気列車だったのですが

ちょうど伊予灘ものがたりの器の制作をしていたこともあり

ワクワクしながら乗車するお客様の立場を体験できました。

笑顔にあふれ、やさしいイントネーションの言葉づかい。

一生懸命におもてなしをして旅の思い出づくりをしてくださる

おれんじ食堂のスタッフの方々に癒された列車の旅でした。

そんな素敵な旅を堪能してきたわけですが、

その時にひと際目立ってたカッコイイ彼が

同じ本に特集されて載ってる!!!

あっ!このページにも載ってる!!

誌面上とはいえ、もう一度お目にかかれるなんて超ハッピー♪♪

おれんじ列車に乗ったことがお有りの方なら、

「あ!あの人のことかな?」ってわかっていただけそう。

本誌56ページから熊本の特集です。

ぜひこちらもご一読くださいませ。

「伊予灘ものがたり」の器を通してですが

私もご乗車された方々の

旅の思い出づくりのお手伝いが出来たら 幸せです。

Zekoo「ゼクウ」 2014.7月号

Posted by on 木曜日, 31 7月, 2014

  毎日暑い日が続いていますね。

みなさま、体調くずされてはいませんか?

さて、眺めているだけで涼やかな風が吹いてきそうな風景を一枚。

DSC03100

『Zekoo』7月号

この度、こちらの冊子に「砥部焼の名品」として、

当窯の器を掲載していただきました。

テーマは「日本いいもの再発見」

日本のいいものがぎっしり詰まった通販冊子です。

そんな中に仲間入りさせていただき、

本当にありがたいことです。

DSC03101

父 光と、私 白石の作品を

計3点紹介していただいています。

つや消し青磁花瓶と、

つや消し青磁抹茶碗。

それから、つや消し青磁染付汲出し湯呑。

DSC03109

銀行さま、信用金庫さまなどに

置いていただいているようです。

待合時間などでもし冊子を見かけられましたら、

お手に取ってみて頂けたら嬉しいです。

これからも「いいもの」と感じていただけるよう、

気持ちを込めて作品づくりをしていきたいと思います。

伊予灘ものがたり

Posted by on 水曜日, 30 7月, 2014

DSCN2332-2

『とべりて』

みなさん、覚えてくださっていますか?

女性の目線から砥部焼を広めたい!と、

女流作家が集ったグループです。

大西陶芸からは白石久美と大西三千枝の

二人がこの活動に参加しています。

 

この度ご縁がありまして、JR四国さまの『伊予灘ものがたり』という、

四国 愛媛の美しい海沿いを走る鉄道旅(ものがたり)の

お手伝いをさせていただいております。

伊予灘の穏やかな海を眺めながら食事を楽しめるという旅(ものがたり)なのですが、

その際に使われる食器を提供させていただきました。

7月26日にデビューだったのですが、

一足先に体験できる機会がございましたので、

少しみなさまにご紹介させていただきますね。

DSCN2337-2

笑顔の素敵なお姉さまに出迎えられ、

こちらまで皆にっこり^^

接客・応対って大切ですね。

 

 

 

 ◇

 

DSCN2344-2

 列車内にある洗面鉢。

大輪の薔薇を贅沢にちりばめた

クラッシックローズ。

実際に設置されているのを見ると、

嬉しいものですね。

 

 ◇

DSCN2372-2 ◇

山帰来のスープカップ。

ころんとして、

まぁるいかたちが可愛いですね。

DSCN2388-2

イッチン葡萄のプレート。

ワンプレートですが、

かなりのボリュームがあります。

おなかいっぱいになりました。

隣にあるのは

イッチンバラのスープカップです。

DSCN2405-2

イッチンフラワーのコーヒーカップに、

イッチン草文のコーヒーカップ。

とべりてメンバーにより、

いろいろなデザインで

器を提供させていただいています。

どの器で運ばれてくるかは

ドキドキのお楽しみです♪

車窓から見る伊予灘は本当に穏やかで、

あっという間のひとときでしたが、

慌ただしい日常を忘れて

ゆっくりくつろげる幸せな時間を過ごせました。

みなさまも機会がございましたら、

ぜひ素敵な鉄道ものがたりをご体験ください。

DSCN2395-2

伊予灘ものがたり JR四国

http://www.jr-shikoku.co.jp/iyonada/

新しい『エルミタージュ』

Posted by on 木曜日, 24 7月, 2014

愛媛県は松山市道後に店を構えていらっしゃった

『エルミタージュ道後』さま

この度道後の地を離れ、大街道の新地にて

『エルミタージュ』

として新しくお店をオープンされました。

以前にも一度ご紹介させていただきましたが、

こちらのお店で当窯の器をご使用いただいております。

実は5月にエルミタージュ道後を閉店される際、

スタッフ一同でお料理をいただいてきました♪

少しだけご紹介させてくださいね。

20140523_200029-2

お料理が盛り付けられると、

器だけの時と表情が変わります。

お料理が運ばれてくる度に、

思わずみんな「わぁ・・・」と声をあげました。

まさに芸術ですね。

お料理も本当においしかったです。

20140523_201747

20140523_212332

20140523_213913

新しいお店では、

7月限定でスイーツフェアをされているようですよ。

また、記念ランチ(¥1,500)も今月限定のようです!

気になられたお客様はHPをご覧いただき、

ぜひエルミタージュさまへお電話にてお問い合わせくださいませ。

『エルミタージュ』

〒790-0004 松山市大街道2丁目1-4 ヴィスコンティ大街道

TEL 089-986-8990

http://ermitage-dogo.com/index.html

営業時間Lunch AM11:00~PM3:00

    Dinner PM5:00~PM10:00(ラストオーダー PM9:30)

暑くなりました。

Posted by on 水曜日, 2 7月, 2014

7月に入りましたね。

梅雨だというのに雨は少なく、それでも随分とムシムシした日が続いています。

 

6月末納期の、JR四国[伊予灘ものがたり]の列車内で使用される食器の数々も

なんとか無事に納めることができ、今日は列車のお披露目会が開かれたようです。

愛媛に観光にこられた方々が、レトロモダンな列車に揺られ、穏やかな伊予灘の海を眺めながら

砥部焼を見て、使って、楽しんでいただけたら・・・。

本当に作者冥利につきますね。

 

ホッとする間もなく先月より、日本伝統工芸展に出品する作品づくりに父と弟と3人で励んでいます。

毎年のことながら、この時期は随分と頭を悩まし、精神的にも消耗してしまいます。

その分、作品を無事に発送できた時の達成感は大きなものです。

今はその日を想像し待ちわびながら、モチベーションを下げないように頑張るだけです。

『やりがい』って、一番の原動力なんですね。

 

可愛らしいプレゼント

Posted by on 火曜日, 3 6月, 2014

暖かくなったのと腰の調子がよくなったのとで、春先から時々歩いて帰宅するようにしている。

片道速足で30分の距離だが、とにかく抜け道ばかりを通るので自然にあふれている。

みかんの花が咲く季節、ある道に差し掛かるとその場所だけ強烈にかぐわしいみかんの花の香りが。

道の真ん中で足を止めて、深呼吸。  一年のうちでとっても貴重な時を満喫。

 

さて。

昨夕は今にも雨が降りそうな空模様だったので、終業時間早々に工房を出た。

すると、この時間、幼い女の子がひとりで道にじっとたたずんでいるのが気になった。

ゆっくりと近づいて「こんにちは」と声を掛けてみる。

 

すると女の子がこちらに寄ってきて、小さな手に握った花束を差し出して「これ、あげます。」

見ると可愛らしいピンクの野花。

「お母さんにあげようと摘んだお花よね?持って帰って渡してあげたら?すごく喜んでくれるよ。」

と言っても、「いいんです。これ、あげます。」と。。。

せっかくなので、ありがたく戴いちゃいました♪

すぐさま、道に立ち止まり撮影。DSC_1318

 

歩きながら色々と思いを巡らす。。。

どうして私にくれたのかな? お母さんにあげたかったんじゃないのかな?

一生懸命摘んだのに、家に持って帰れない事情があるのかな?

女の子って可愛いな。

うちなんて息子だけだったから、花より虫をプレゼントしてくれてキャーキャー言わされたっけ。

 

大事に持ち帰り、家族にエピソードを話しながら早速窓辺に活けた。

小さな女の子からもらった、可愛らしい野花の花束。

余裕がない心境で日々過ごしていたのに、気持ちがほっこり癒された。

今朝も、起きて眺めて、そしてニッコリ。

ありがとう。DSC_1321

 

 

”NEWS ZERO” テレビ取材

Posted by on 金曜日, 25 4月, 2014

先日の春の砥部焼まつりにご来場いただきましたお客様。

ありがとうございました。

日曜日は少し雨も降ってしまいましたが、

たくさんの方に足を運んでいただき大変嬉しく思っております。

次の大きなおまつりは秋でしょうか。。。

皆さまにお手に取って喜んでいただけるよう、

スタッフ一同、気持ちを一新して制作に励んでまいります。

DSC02997

おまつりが終わって、

ギャラリー内も少し落ち着きを取り戻した感じです。

土粉がすごくてなかなかお掃除が行き届かず、

ご来店いただいた方にはご不快を与えているかと思いますが、

どうぞ温かい目で・・・お許しくださいませ。

DSC02994

それから、先日。

NEWS ZEROの取材がありました。

こぼしにくい器の紹介です。

番組に変動がなければ、

来週29日(火曜日)の23時から。

日本テレビさんのNEWS ZERO内で放映されます。

短い時間だとは思いますが、

お時間ございましたらちょっと覗いてみてくださいね。

砥部焼まつり ディスプレイ完了

Posted by on 金曜日, 18 4月, 2014

 本日、砥部焼まつりの会場設営に行ってまいりました。

たくさんの窯元さんが素敵にディスプレイされてましたよ。

大西陶芸も試行錯誤しながら、

タイムリミット間際で完了してきました♪

20140418_164531a

場所は建物を入って、

中央あたりの左端になります。

子ども食器から普段使いの食器や花瓶など、

通常価格からお安くさせていただいております。

また、限定品や二級品なども

さらにお買い求めやすい価格になっております。

みなさまお誘いあわせのうえ、

ぜひご来場くださいませ。

20140418_164709a

当日は混雑が予想されます。

お越しの際にはどうぞお気をつけて。

皆さまのお越しを

心よりお待ち申し上げております。