第32回 長三賞常滑陶芸展
作品紹介 作家紹介 イベント案内 会社概要 お問い合わせ

Archive for category 大西 先

第32回 長三賞常滑陶芸展

Posted by on 月曜日, 30 11月, 2015

愛知県にて開催しております

「第32回 長三賞常滑陶芸展」

に、大西はじめの「青磁線文花器」が入選いたしました。

お近くにお越しの際にはぜひご覧ください。

 

常滑展

平成27年12月4日~13日

常滑市民文化会館(7日は休館)

 

愛知県陶磁美術館 ギャラリー展

平成28年1月15日~24日

愛知県陶磁美術館ギャラリー(18日は休館)

こぼしにくい器

Posted by on 水曜日, 16 7月, 2014

昨晩、NHKで「こぼしにくい器」が紹介され、

メールやお電話でのお問い合わせをたくさんいただいております。

ありがとうございます。

こちらの器は「aeru」(和える)さまとのコラボで生まれました。

内側に『返し』をつけることにより、

食べ物がすくいやすく、

小さなお子様がひとりでも

こぼしにくく食事をしていただけるようデザインされています。

また、小さなお子様用に制作された器ですが、

ご高齢の方にも大変ご好評をいただいております。

砥部焼には適度な重量感がありますので、

その重みで器が動きにくく、

さらに食事がしやすくなっております。

DSC03084

なお、こちらの商品は当社では販売しておりません。

「aeru」(和える)さまのホームページで購入できますので、

『砥部焼 こぼしにくい器』でお問い合わせくださいますよう、

お願い申し上げます。

aeru 「和える」 (下記アドレスが和えるさまのHPです)

http://a-eru.co.jp/

砥部焼6人若手作陶展  「〜涼やかな器たち〜」

Posted by on 水曜日, 24 7月, 2013

倉敷DM 1

 

はじめです。
7月23日から8月4日まで、岡山県倉敷市なあります
「倉敷・中央画廊」
にて砥部焼6人展はじまりました。
メンバーは、
大西 先  三千枝   大西陶芸
小田原 ゆみこ     梅山窯
増田 明弘        青花窯
松谷 文生        英峯窯
松田 歩          松田窯

六人になります。
「涼」をテーマに個々の作家で作品つくております。

倉敷3 倉敷4 倉敷5 倉敷6 倉敷7

4月20日21日 第30回 砥部焼まつり

Posted by on 火曜日, 19 3月, 2013

2013.4.20より砥部町ゆとり公園にて、

「第30回 砥部焼まつり」

開催します。今回は記念販売会となりますので当日会場にて5000円以上お買い上げの方を対象に国内旅行券などの豪華商品が当たる大抽選会がございます。

毎回約80の窯元が集まる砥部焼最大のイベント。我が家も第1回よりの参加になります。

価格も一級品20%OFF(*^_^*)  2級品や在庫処分品などは最大70%OFF

1年をとおして大西陶芸の品ぞろえが一番多い日ですね。

あと1か月しかございません。生産量も限られます。どの商品を作るか家族で話し合い中(^_^;)

「このシリーズ作ってください」とリクエストございましたら優先して制作していきたいと思いまので是非リクエストくださいね。

 

 

秋の砥部焼まつり

Posted by on 土曜日, 27 10月, 2012

はじめです。

今年もいよいよ近づいてきました

「秋の砥部焼まつり」

11月3日4日と愛媛県伊予郡砥部町にございます「砥部焼伝統産業会館」前をメインに

約60の窯元が集まり対面販売いたします。

我が家も20%以上のお値引きいたしますよ。

最大70%引きもございます。

ぜひお時間みつけてお越しくださいませ。

近鉄百貨店阿倍野店 「四国四県味と技めぐり」

Posted by on 日曜日, 12 8月, 2012

はじめです。

暑い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか?

2012.8.16〜22に大阪にあります近鉄百貨店にてイベントがございます。

「四国四県味と技めぐり」

四国内より約90店のお店が集合する予定です。

今回「aeru」の矢島さまよりお話をいただき、一緒に作品を置かせていただけるようになりました。

ブドウデザートカップとブドウフリーカップ

今回はイッチンと子ども食器メインにもっていきます。

イッチンは「ブドウ」「ポピー」「バラ」「草文柄」のシリーズ

子ども食器は、「チェリー」「トンボ」「とら」「しか」「ひよこ」

山帰来(さんきらい)の染付もあります。

アイテムとしては「茶碗」「フリーカップ」「マグカップ」「各種ソーサー」

「一輪挿し」「鉢」など約300点ご用意しますのでぜひお越しください。

私も会場におりますから、お声かけくださいませ。

今夜も梱包中です。

近鉄百貨店 阿倍野店

〒5458545

大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43  9F

06-6624-1111

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古稀展

Posted by on 木曜日, 22 3月, 2012

はじめです

3月24日(土)〜28日(水)まで徳島市藍場町2-14にあります

あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)3Fにて

『大西光「古稀」記念親子展』

を開催いたします。

約14年ぶりの父の地元での個展です。

昨年より作りました多数の新作と、過去に陶芸展にて入選入賞しました作品を中心に展示します。

本日、梱包しましたがまあ〜沢山ありました。

疲れました(笑)

お時間ございましたらお越しくださいませ

あわぎんホール 0886228121

 

3月ですね

Posted by on 木曜日, 1 3月, 2012

はじめです

年も明けて早くも2か月すぎましたね。

昨年12月に指を骨折して今年の冬は散々でしたよ

ですが指も治り、大西陶芸にとって1年を通して一番忙しい春を迎えました

例年、3月の陶芸館春の窯出し市、4月の砥部焼まつり、5月のゴールデンウイーク

と販売の機会が多く、在庫作りに追われる毎日。

今年は、2月に晩餐館にて白石の個展。3月24日から徳島にて「親子展」

5月には砥部町にあります「紫音」にて「飛兎の会展」

さらに東京銀座にあります「ギャラリー門」にて「親子展」を1か月やらさせていただきます。

その商品作りと並行に個別の注文をこなします。

昨年とは違い従業員も減ったためか思うように商品数ができません(T_T)

全部のイベントが近すぎてちょっとイライラする毎日。

全部のイベントにはどう考えても100%の品ぞろえができません(-.-)

ですが出来る限りの力を振り絞って家族みんなでがんばります。

 

IKEAにて

Posted by on 木曜日, 8 12月, 2011

はじめです。

ついに冬になりましたね。ですが昼間はそこそこ暖かく、光熱費がかからなくてすむので嬉しい毎日です。

先週、大阪にて開催しておりました「光と音」をテーマにした作品展無事に終了しました。

音と光と今までなかった分野での発表となりましたが、結果は・・・。

私としては今までにない良い経験できましたから、今後に生かそうと思います。

作品は、わがギャラリーの二階に展示いたしますからぜひお越しください。

 

 

土曜日、はじめて「IKEA」に行ってみました。

妻と二人で入ったのですが、本当に驚きましたよ。

 

安さ・商品数の多さ・可愛らしさ・規模の大きさ

歩くたびに「これ欲しい」とつぶやきなかなか前に進めません(笑)

途中、150センチ各の格子の棚をみつけました。

我が家のギャラリーにピッタリだと思い、早速購入してみましたよ。

 

この棚、33センチの棚が16個もあり、お値段も¥15750.とお安くお買い得でした(#^.^#)

 

大阪から砥部に帰ってきました。

嬉しく一人で組み立てておりました。

 

その時事件がおこったんです。

 

真ん中の一枚板をはめていました。これがなかなかはまってくれません

イラッとした私はハンマーを取ってきました。

コンコンって叩くとちょっとずつはまっていきます。

ですが、最後が上手くかみ合いません。

夢中で叩いてた私。

かみ合わせ部分を見ていた私。

勢い余って左手の第一関節より前を思いいきりたたいてしまいました。

 

「グシャッ」

 

爪辺りがみるみる赤紫に腫れていきます。

夜中、痛みのため一睡もできませんでしたよ。

病院に行きましたら、レントゲンをまずとりますが、そのレントゲン技師さん写真撮って確認した後の第一声

「骨折ですよ。わかりやすいぐらいはっきりしてる」

ですって。

どおりで痛いわけだ

 

 

 

 

大阪

Posted by on 火曜日, 22 11月, 2011

はじめです。

 

11月25日から大阪にてグループ展開催します。

志陶会のみんなで「光と音」をテーマに作品をつくりました。

会場はセンティニアルにて開催します。

 

http://www.14thmoon.com/

– 2011 BEAT your SOUL
-   Lamp & Sound Exhibition

11月25日(金)~12月2日(金)
■休廊日11月27日(日)
13:00~19:00
土曜・最終日13:00~17:00

デジタル全盛の現代ですが、人は温かい光と心に響く音に癒しを心から求めているのではないでしょうか。今回、備前と砥部の若手作家四人が、土の持つ温かさと、伝統工芸の「用の美」を見ていただく為に、伝統の技術と現代の感性を融合させ、備前焼・砥部焼のランプとスピーカーを制作いたしました。約20点の出品になります。伝統工芸作家の「温故知新」をテーマにした新しい展示会をご提案いたします。

出展アーティスト
備前 木村 英昭・ 武用  崇   砥部 大西  先・白石 久美

 

夏よりいろいろ試行錯誤しながら制作してきました。

最終的に大西陶芸という形で多数出展しています。

ライトもスピーカー過去に制作したことがなく、一回制作するたびに反省の毎日・・・

そのおかげか、良いものが作れた気がします。